読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世迷言の掃き捨て場

使用方法なんて適当にきまっとるやんけ。

推しって?

世迷言

現時点からはもう少し先の話なんだけど、1月の17、18のセンターの日程あたりって自分が初めて行ったイベントの日なのよね。

奈々さんのLIVE。

当時はフルオケ、フルオケ言ってたけど。

イベント行き始めたのが高1の冬だったからもうちょいで丸3年。

当時15だったけど。なんだかんだで18?早生まれだから19になるのも近いか。

まぁ年齢のことなんてなんでもいいんだけど、この3年間の中でオタクとしちゃ3人の声優さんを推しとさせていただいてた。

始めに水樹奈々さん。

今となっちゃそこまで熱っていう熱はないけども、自分に生のLIVEを教えてくれた張本人。全てとは言わないけど少なくとも今のオタクとしての自分の原型を作った人。

何も知らなかった自分にとっちゃ、奈々さんの作り出す世界の全てが楽しかった記憶がある。

ある意味、プライマリなのかもしれない。

次に田村ゆかりさん。

現状、この人のイベントに参加したことが一番多いことになってる。

この人のことを初めて見たのはリリパV。

初めは、本当になんとなくだった気がする。単独が初めてだったCCHは、曲ある程度は分かったのにまだ奈々が一番!って感じだった。

まぁいろいろあったりはしたんだけども、この人は現場に通い続けてたらどんどん世界にズブズブ飲み込まれていった。

大阪、名古屋以外の遠征は基本的にこの人以外ではしてないな。

一番オタクとしちゃこの人を推してるのかもしれない。

最後に田辺留依さん。

録画してた七々々一話を観て、「あれ?この声聞いたことねぇな。」って思って調べてみたのがキッカケ。

97年生まれなんだ!ほぼ同い年か!ってビックリした記憶。

なんでだろう?

当時とっくに97年生まれの声優だと木戸ちゃんのことは知ってたのになぜかこっちに惹かれたんだよね。

何かを感じとってた?ような気も今となってはしなくもない。

この子に関しちゃ、なんともまだ言葉にはできないかな。

ただ、今は自分のやりたいことやってるだけ。

そんな感じ。

以上!

オタクの自分としての推しと呼べる(呼べた)人達はこの三人。

すんご~~~~く軽く振り返って見たけど、じゃあここで結局…。

「推し」ってなんなの?

人によってそれぞれ、この言葉の意味は変わるだろうなって思う。

好きな声優、歌手の人のこと。

この人の現場にメインで通ってるから。

接近行ったら、対応がいいから推し始めた。

いろいろあるだろうね。

じゃあ、お前はどうなんだ?

って言われたら、どう答えりゃいいんだろう。

結局、自分もこの言葉の定義なんて曖昧だ。

時や場所、気分でガラッと変わっている(気がする)。

でもなんとなく、(自分にとっては)根本になにかある気がしたからなんとなく言葉にできないか考えてみた。

結果が。

「何か大切な物を(教えて)くれた人達。(現在進行形も含む)」

かなって。

まぁ、ここらへんに関しちゃもっといろいろな見方だったり理由があったりするんだけど、それはまた今度で。

まぁでも曖昧だよね(笑)

これも変わっちゃうかもしれない。

じゃあ、結局「推し」って何?

オタクの皆さん、そこらへんどうなんです?