世迷言の掃き捨て場

使用方法なんて適当にきまっとるやんけ。

奈々さんのアルバム買いました。

広島編に続く!とか言っといて相変わらず更新してない。なんとか書きます…。

バイトで夜勤やってから、サラ・コナークロニクルズを見始めて面白くて一気見してしまっていたりでここ数日時間がない。

いや本当、ターミネーターシリーズは洋画の中でも大好きなシリーズ。

3も賛否両論はあるけど、T-850は好きなんですよ。

ケイト・ブリュースター?あんな女はT-Xの火炎放射でやられてればよかったんだ。

いや、そんなことは今はどうでもいいんだ。

今日、講義が三週連続で休講とかでしてね。担当はどうした。死んだのか?

って感じなんですが、暇になったので平日の真昼間から秋葉原に行ってきました。

そしたら、ちょこちょこ奈々さんのアルバム関連でポスターとか貼ってあってね。

あー、アルバム発売日なのかって思って、買いました。

iTunesで。

秋葉原行っときながらiTunesで。

最近、本当CDとか買わなくなっちゃった。

定額音楽配信サービスが日本でもいろいろ出てきてるけど、ぶっちゃけ便利。

自分はApplemusic使ってます。

アニソンもわりーと曲数増えてきてるよ!

Sonyもっと頑張れや、mediaGOとかいうゴミで失敗したんやろ)

てなわけで、アルバム聴きながらこの文章書いてるんだけども、なんだろう。

めっちゃ、車でドライブしながら車内BGMにかけたいような曲多くない?

今、免許取りに行ってるせいもあるのかもしれないけど車の中で聴きたいと思う。

ここ最近、水樹さんが出してるアルバム曲ってやっぱアニソン要素って観点で言ったらまぁほぼ皆無なんですけど。

いわゆる、JPOP的な視点の曲がやっぱ多い?

まぁ、そもそもJPOPの定義そのものが曖昧なんだけど。

なにが言いたいのか自分でもよくわからなくなってきた。

 

FCイベも近いので~高松編~

いつぶりにログインしたのか…_(:3 」∠)_

今更なんですけど、SsLについての諸々を書いていきたいなと感じたんで(ホラ。FCイベやってるし(汗))

忘備録的な感じにまとめておきたいと思います。

(スマホの中に残ってたわずかな写真とか上げていきたい。)

今更すぎて、記憶のほとんどが抜けてそうだけども…。

というわけで、まずは僕のSsLツアー始まりの地!

香川から!

 

〜〜〜

羽田からANAに乗って、高松へ!

f:id:rasuteia:20161123113537j:plainf:id:rasuteia:20161123113717j:plain

 

高松空港に降りて感じたんだけども、やっぱりうどんプッシュがすごい。

大学の講義の関係で、最近よく地方のPRについての話題に触れることが多いんだけども、やっぱり「うどん県」と自ら自称するだけあって。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 
こんな動画で地域PRをしていたりするんだよね。
ちなみに上に上げた動画の中で1番好きなのは最後のやつ。シュールなのが好き。
これ以外にも、「ART県」とか「島旅」とかいろいろ動画があるので、もし良かったら調べてみてください。面白いんですよ。
 
さて、話が逸れた。
そのままバスで、高松市内へ。
バスに揺られながら、外の景色が何もないところから市街地に変わっていくのに少し感動しながら40分ほど…。f:id:rasuteia:20161123114344j:plain
 着きました!高松駅!!
 
会場が駅のすぐ目の前だ!!
記憶を掘り返すためにTwitterで当時のツイートを見返すと、どうやら高松の限Tを買おうか迷ってた様子。
結果、Twitterで情報を集めてたらデザインに一目ぼれ。
ちなみに、そのTシャツがこれ。
 

f:id:rasuteia:20161203005358j:plain

SsLの限Tデザインの中でも一番のお気に入り。
 おうど~。ちゅるちゅる食べてる姿がすごくかわいい。最高。
大体、2時間弱並んで購入。
その後は、フォロワーさんに軽く挨拶したりして…。
 f:id:rasuteia:20161202135409j:plain
来ました!うどん!!
「めりけんや高松駅前店」さんだったかな?
トッピングとか、自由に選べてとにかく好きに選んでしまい割とごちゃごちゃ(笑)
いやぁ…。おいしい以外の感想が浮かばなった…。
そば派だった僕がこの瞬間からうどん派になりました、
生きているとあるよね、今まで常識だと思ってたことがひっくり返る瞬間。
うどん食い放題ツアーしに、香川行きたいと思ってます。
行く機会できないかなぁ…。
 

さて、腹ごしらえもして会場に戻り、時間を潰してついに…!

田村ゆかり LOVE LIVE ~Sunny side Lily~香川公演が始まりましたとさ。

以下、セットリスト。

1.エキセントリック・ラヴァー
2.Honey Moon
3.fancy baby doll
4.アンドロメダまで1hour
5.恋と夢と空時計
6.I.N.G.
7.ひとひらの恋
8.神様Rescue me!!(アコースティック)
9.星降る夢で逢いましょう(アコースティック)
10.you(ピアノソロ)
11.Traveling with a sheep
12.砂落ちる水の宮殿
13.神聖炉
14.恋のアゲハ
15.Passion Error
16.Luv Fanatic
17.I DO 愛
18.Fortune of Love
19.W:Wonder tale
20.You & Me
21.もうちょっとFall in Love
22.Pleasure treasure
23.雨のパンセ

EN1.好きだって言えなくて
EN2.Gratitude
EN3.あのね Love me Do

セトリだけざっとみると、地方公演なのに26曲もやってたんだ~と今更ビックリ。
お前、結果的に9公演行ったやろ!ってツッコミは置いておいてくれると助かります。
座席が、1階4列目だったおかげですごくゆかりんの表情が見えたな~。
この頃から、演者の表情を見る楽しみに気付き始めてたのかもしれない。
ツアー初参加公演にとてもいい座席を引いてくれた、連番者に感謝。

1曲目のエキセントリック・ラバーから、3曲目のfancy baby dollまでの流れのおかげで初っ端から汗だくで楽しかったんだけども、fbdのティモうさがなくなったのに気づいて、少し残念だった。

MCも相変わらず面白くて、一番印象に残っているのはネコアップ関連!
ランタナ二日目の最後のMCがあったのもあって、どこか不安に感じてた部分があったんだけど、割と安定して楽しめた公演でした。
というか、普通にライブが楽しすぎて、3時間半もの長い時間やっていたことに公演終わって、時計見るまで気づかなかった…(笑)
そして、これが一番やっちゃいけないことだった。
 このツイートをしたのが公演終了直後の21時22分。
予定では、高松駅を21時26分発のサンライズ瀬戸に乗って岡山に向かうことになっていたんですよ。
はい。つまり、ライブ終わってから乗車券取ってた電車が発車するまで、4分しかなかったわけです。
 
…アカンくね?
 
ライブ終わってそのことに気づいて、即ダッシュ。
駅のコインロッカーに大きい荷物預けてて、それも回収しなきゃならないし、とにかく大慌て。
今考えると、本当何やってたんだって感じなんだけども。
汗だくになって、高松駅の駅員さんに乗車券見せて駅のホームをまた猛ダッシュ。
結果。

 

なんとかセーフでした。
サンポート高松が駅の目の前で本当に良かった…。
みなさん、時間には常に余裕を持つようにしましょう。 
 
広島編へ。
 

推しって?

現時点からはもう少し先の話なんだけど、1月の17、18のセンターの日程あたりって自分が初めて行ったイベントの日なのよね。

奈々さんのLIVE。

当時はフルオケ、フルオケ言ってたけど。

イベント行き始めたのが高1の冬だったからもうちょいで丸3年。

当時15だったけど。なんだかんだで18?早生まれだから19になるのも近いか。

まぁ年齢のことなんてなんでもいいんだけど、この3年間の中でオタクとしちゃ3人の声優さんを推しとさせていただいてた。

始めに水樹奈々さん。

今となっちゃそこまで熱っていう熱はないけども、自分に生のLIVEを教えてくれた張本人。全てとは言わないけど少なくとも今のオタクとしての自分の原型を作った人。

何も知らなかった自分にとっちゃ、奈々さんの作り出す世界の全てが楽しかった記憶がある。

ある意味、プライマリなのかもしれない。

次に田村ゆかりさん。

現状、この人のイベントに参加したことが一番多いことになってる。

この人のことを初めて見たのはリリパV。

初めは、本当になんとなくだった気がする。単独が初めてだったCCHは、曲ある程度は分かったのにまだ奈々が一番!って感じだった。

まぁいろいろあったりはしたんだけども、この人は現場に通い続けてたらどんどん世界にズブズブ飲み込まれていった。

大阪、名古屋以外の遠征は基本的にこの人以外ではしてないな。

一番オタクとしちゃこの人を推してるのかもしれない。

最後に田辺留依さん。

録画してた七々々一話を観て、「あれ?この声聞いたことねぇな。」って思って調べてみたのがキッカケ。

97年生まれなんだ!ほぼ同い年か!ってビックリした記憶。

なんでだろう?

当時とっくに97年生まれの声優だと木戸ちゃんのことは知ってたのになぜかこっちに惹かれたんだよね。

何かを感じとってた?ような気も今となってはしなくもない。

この子に関しちゃ、なんともまだ言葉にはできないかな。

ただ、今は自分のやりたいことやってるだけ。

そんな感じ。

以上!

オタクの自分としての推しと呼べる(呼べた)人達はこの三人。

すんご~~~~く軽く振り返って見たけど、じゃあここで結局…。

「推し」ってなんなの?

人によってそれぞれ、この言葉の意味は変わるだろうなって思う。

好きな声優、歌手の人のこと。

この人の現場にメインで通ってるから。

接近行ったら、対応がいいから推し始めた。

いろいろあるだろうね。

じゃあ、お前はどうなんだ?

って言われたら、どう答えりゃいいんだろう。

結局、自分もこの言葉の定義なんて曖昧だ。

時や場所、気分でガラッと変わっている(気がする)。

でもなんとなく、(自分にとっては)根本になにかある気がしたからなんとなく言葉にできないか考えてみた。

結果が。

「何か大切な物を(教えて)くれた人達。(現在進行形も含む)」

かなって。

まぁ、ここらへんに関しちゃもっといろいろな見方だったり理由があったりするんだけど、それはまた今度で。

まぁでも曖昧だよね(笑)

これも変わっちゃうかもしれない。

じゃあ、結局「推し」って何?

オタクの皆さん、そこらへんどうなんです?

 

 

 

なんとなくよね。

気がついたら12月ですよ。

あらまぁびっくり。

というわけでブログなんとなく初めてみるよ。